2012年11月03日

中性脂肪が増える原因はどんなもの?

中性脂肪が増える原因はどのようなものでしょうか?

中性脂肪は大きなエネルギー源となる反面、使い切れない中性脂肪は体内に溜まりやすい性質がありますので、中性脂肪が過剰になると、肥満に繋がるということになるわけです。

そもそも中性脂肪は、生命維持・活動に必要不可欠なものですが、過剰になると様々な健康被害の原因となります。

肥満の大きな原因は、カロリーの過剰摂取で、いわゆる食べ過ぎ・飲み過ぎですね。

単に食事量だけなく、食事内容がポイントです。食事内容の欧米化によって肥満が増加したという話はよく耳にするのではないでしょうか。

質素な和食暮らしをしていれば、同じ量を食べたとしても摂取カロリーには大きな違いが出てきます。

特に、肉料理や揚げ物など、脂質の多い高カロリーな食事を継続して摂取することが肥満の大きな原因となります。

肥満の人は高カロリーの食事を好む傾向があることは良く知られていますよね。

また、アルコール類は案外高カロリーであることと、アルコールを分解するときに中性脂肪の合成を促進すると言われていますので、これも肥満に繋がります。

もちろん、摂取したカロリーを全て消費してしまえば中性脂肪は溜まりませんが、消費量が摂取量に追いつかなければ中性脂肪が溜まってしまいます。

ですから、運動不足も肥満の大きな原因です。運動不足や加齢による筋力低下は、基礎代謝を低下させてしまいますから、さらに中性脂肪が溜まりやすくなるということになります。

その他にも、中性脂肪を合成すると言われているのが、喫煙やストレスです。

このようなことから、中性脂肪が増えてしまったら、何よりも生活習慣を見直し、改善していくのが望ましいことです。

肥満になったら、高血圧動脈硬化など、いろいろな健康被害が現れます。病気になったら苦しむのはあなた自身です。中性脂肪を増やさないような食生活を送ることを心掛けましょう。







脂肪燃焼体質になって痩せる方法

数々のガン患者を完治させてきた食養理論の決定版!井上俊彦のメディカル・イーティング〜癌克服への挑戦〜

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。