2012年11月20日

コレステロールが高いとかかる病気って?

コレステロールもまた中性脂肪と同じように、コレステロールの値が高くなると生活習慣病の原因にもなります。

特に、動脈硬化の原因として一番に挙げられるでしょう。

コレステロールの値が高くなると、血管の内側の壁に溜まっていくと言われていますが、特に心臓や脳といった主要となっている太い動脈でこの症状が起きてきます。

血管の内側の壁にコレステロールが溜まると、カルシウムなども溜まるようになり、血管が硬くなる動脈硬化という病気を発症します。

さらに、動脈硬化になってしまうと、様々な他の病気を招いてしまうとも言われています。

動脈硬化になってしまうと、血管が狭くなって血栓が詰まることがあり、脳の血管でこの症状が出ると、脳梗塞を引き起こしてしまうことになってしまうのですね。

動脈硬化になり、弾力を失ってしまった血管が、高血圧などを引き金にして脳内で破れてしまうと、脳出血を起こし、命にかかわる重篤な症状になる危険性も十分考えられます。

また、心臓へ血液を送る血管でコレステロールが溜まって狭くなることで、狭心症や心筋梗塞などを引き起こしてしまう可能性もあると言われています。

他にも、コレステロールが高いと引き起こされる病気には、糖尿病や脂肪肝、胆石症などが挙げられます。

糖尿病では血管を傷つけてしまったり、腎臓や眼などの働きに影響が出てしまう事があるだけでなく、動脈硬化になる可能性も高くなります。

脂肪肝や胆石症なども適切な治療を行わないと、重症化してしまうことさえあるようです。

コレステロールの値が高くなると、命を脅かす重い病気が発症する事があるため、普段からコレステロール値には気をつけてたいものですね。

中性脂肪やコレステロール、どちらも多くなると生活習慣病や成人病に繋がってきますので、病気を引き起こす前に一度生活習慣を見直してみるのもいいかもしれません。






坐骨神経痛改善法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。